モーニングアフターピルはお守り代わりの避妊薬

ピル 通販 おすすめ

妊娠しては困る人は避妊をしますが、必ずしも避妊に成功するとは限りません。

コンドームの避妊率は80パーセントと言われているので万が一の時は緊急避妊する必要があります。

緊急避妊しなければいけない場面
緊急避妊が必要になる場面、これは人によっても様々ですので、必ず同じではありません。恋人や夫婦同士での性行為の中でも赤ちゃんが今のタイミングでできると困るということは多いにあるでしょう。その中で普段避妊をしていたとしても、たまたまその日避妊をするのを忘れてしまった人もいます。また避妊をしたつもりでコンドームをつけていたのですが、コンドームに穴があいていることが後でわかったというケースも考えられます。このようなこともあり、様々なケースで避妊が必要になることはあるのです。

もしも緊急避妊することになったら
もしも性行為後に、避妊できていないことが分かり緊急避妊することになったときに役に立つのがモーニングアフターピルです。その名前のとおり、ピルの一種ではあるのですが、朝の後、つまり性行為が終わって朝飲んでも間に合うピルなのです。通常知られている低用量ピルというのは日々定期的に継続して服用するタイプのものが一般的です。この場合は、日頃から避妊をするために飲んでいることになります。しかしモーニングアフターの方は、日頃は飲まずに緊急的な出来事があった場合にだけ服用するという単発タイプのものだと認識してもらうとわかりやすいかもしれません。

単発タイプを飲むタイミング
日々ピルを飲む場合は決められた時間に決められた量を服用して、1ヶ月のうち、大半の人が21日間飲み続けて残りの7日間は薬の服用をストップするという流れで飲むことが多いでしょう。しかし緊急の場合はいつ服用するのかといえば、これは、単発ですので、性行為が終わって早ければ早い程効果があると言われています。性行為が終わってすぐにでも飲めるものなら飲んだほうがいいでしょう。24時間以内に服用をすれば95パーセントの確率でほぼ避妊をすることができると言われています。また72時間以内の服用であれば、75パーセントまで避妊率は下がってしまうのですが、それでも避妊効果があります。75パーセントの避妊率は低いと思うかもしれないのですが、実施コンドームを使用して日常的に避妊をしている人も多いかと思いますが、コンドームによる避妊率は実に80パーセントですので、たった5パーセントしかちがいませんので、とても効果があるといっても過言ではないでしょう。

1回目の服用を早く飲む
基本は1回飲むだけで完結するとされているのですが、万が一副作用が起きて体が薬を受け付けなくて吐いてしまった人は、もう一回飲んだほうがいいようです。もしかすると体に薬の成分が入る前に、吐いてしまい、薬の成分が届かないこともあります。そうなると避妊薬を飲んだと思っていても効果が現れずそのまま妊娠してしまうこともあるからです。妊娠が成立する前にとにかく飲まなくてはいけませんので、早めに服用することは心がけておいてください。

妊娠回避の兆候
どのような症状が起きれば妊娠を回避することができたのか、その兆候は知っておきたいという人が多いでしょう。たとえばですが、人により個人差があるので必ずとは断言できないのですが、早い人なら3日後には自然に出血がおきます。この場合の出血ですが、消退出血と言われているもので、ホルモンの調整、バランスを整えて子宮の中を剥がした取穴です。生理中も日頃は剥がれているのですが、自然に起きているのか、それとも薬によって剥がれているのか、その区別が必要ですので、消退出血という名前で呼ばれています。これがあれば妊娠は回避されたということの証拠になりますので正しく薬を使った避妊ができたと考えていいでしょう。ちなみに出血の量などは人によって個人差があり、多い人もいれば少ない人もいます。排卵日が近いか遠いかにより左右されることもあります。

出血と排卵日の関係について
出血と排卵日の関係についてですが、排卵日からすぐであった場合には剥がれる子宮内膜は余りありませんので、出血もそれほどありません。しかし排卵してからかなり時間が立っている場合には、子宮内膜がかなり分厚くなっていると考えられるため、普段の生理の時の出血くらいの出血がそこで起きると言われているので覚えておきましょう。これが薬を飲んですぐに起きることです。この出血があって妊娠を回避できたと実感することができるでしょう。

妊娠を緊急的に回避したい場合に服用する緊急避妊薬は女性の万が一のお守りとして服用している人、持ち歩いている人がとても多いことで知られています。その効果は24時間以内で95パーセントと言われています。